ぐっと冷え込んできてやっと紅葉が美しくなってきました
2664
ヤマボウシいい色だしてます
2665
ドウダンツツジも枯れた茶色になっていたのが
 目の覚めるような赤に変わってきました2666
別の葉の陰になった部分はくっきり黄色
春の芽も赤のグラデでスタンバイ
 
 
今年は遂に私も湯たんぽに陥落
2667
フリースの(極薄ですが)の巾着袋付きだったのですが
この湯たんぽが猫に見えたので早速リメイク2671
紐通し部分を解き、ファスナーをつけるべく湯たんぽサイズにカット2668
カットした部分の端に丸みをつけ中表にしてぐるっと1周縫って2669
半分にぶった切り綿を詰め前足ができました
2670
ファスナーをつけたところがフリースが伸びてガタガタ
いいの。尻尾で隠すから
2672
手持ちの毛足の短いオフホワイトのボアで尻尾を縫い
カーブの内側の布から耳をとりました
 要らない毛布でもいいかな?
2673
耳の内側はピンクのフェルトを
袋に縫わず端をざっくりかがりました
2674
フェルトは小さな小さなハギレも捨てず肉球に 

 
長くなったのでつづきは次回〜

2 Replies to “リメイク 猫の湯たんぽカバー 前半”

  1. SECRET: 0
    PASS: 02970bc62d92f326873f0deebb1fd58d
    電気カーペットの上に布団を敷いて床に入るまでの20分くらいでスイッチを消すと、朝まで暖かく持つので、あんかを使わずに来たので、今風の湯たんぽに魅力を感じながら未だ
    買わずに居ましたが、猫ちゃんのカバーを見たら何となく湯たんぽの引力が強くなった様です????

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    谷間のゆり様
    ほぼ同じスタイルで私も就寝しています

    膝にのせて指先をあたためるのにちょうどいいんです
    爪をたてないし、毛も服につかないし
    後ろに移っている黒のシールでもう一匹替え用につくろうかと思っています
    今はシールやボア生地が安価で手に入るようになったので作りやすいですね

Comments are closed.